Now Loading...

メニュー

人間の足裏には3点アーチがあるため、荷重や衝撃に耐えながら、安定して、2本足でもバランス良く、立って歩くことができます。つまり、カメラの三脚の安定性と橋のアーチ構造による衝撃吸収の原理と同じです。

私たち人間の土台は、実に精巧な原理によって守られているのです。


アーチ構造が崩れた足では不安定になり、地面の衝撃を吸収できず、トラブルに繋がります。トラブルは足裏に留まらず、膝、腰、首、臓器にまで伝わり、全身にダメージを受けます。

 
 

もし、足裏にタコや魚の目、外反母趾、偏平足等の症状があるならば、それは明らかに、足裏アーチが崩れているシグナルです。

足を守り、トラブルを改善し、足本来の機能を発揮させるには、足裏3点アーチをフォローする靴環境が必須です。

Tomoyeでは、お客様の靴に様々な形のソルボを組み合わせ、足裏3点アーチをサポートしながらトラブルを改善するインソールをお作りします。

インソールを入れることで、偏った箇所への負荷を分散させ、ゆがみを整え、低下したアーチ機能を有効に働くよう促します。

当サロンのインソールの素材は、人工筋肉「ソルボ」をメインに使用しています。

「ソルボ」は、驚異的な衝撃吸収力と圧力分散性能を持ち合わせています。

 
 

英国の科学者であるモリス・八イルスが開発した衝撃吸収素材で、外圧を受けると素早く変形し、ゆっくりと元の形に復元することで衝撃を吸収します。

また、高い粘弾効果によって、体に優しくフィットしながら圧力を均一に分散させます。

靴の構造を考慮し、お手持ちの靴へ1足毎にインソールをコーディネイトいたします。

そして、その靴を履いて正しい歩行を継続することでようやく、ご自身の筋肉が正しく発達し、足のトラブルが回復軌道に乗ります。