Now Loading...

ブログ

 2017/09/07 
 
 

◆イタリア人の面白ウォーキング文化

イタリアにはパッセジャータ(=おさんぽ)という面白文化があるそうです。

 

家族や友達と同じ道を行ったり来たり・・・気の赴くままに、のんびりゆっくりブラブラと歩く

ウィンドーショッピングしたり、カフェしたり。

途中、知り合いを見つけてお喋りすることも目的の1つで、歩いてはお喋りして、お喋りしては歩く・・・♪週末はパッセジャータもひときわ盛り上がり、わらわらぞろぞろと、町はお散歩を楽しむ人で賑わうそうです。

 

◆パッセジャータは整腸効果大!

実はこのパッセジャータ、便秘対策におススメなんです!

というのも、歩くと腸が刺激され、排便するときに必要な筋力がアップし、便を肛門へ運ぶ動きがスムーズになります。腸のためにはハードな運動よりも、パッセジャータのように軽く汗をかく程度のウォーキングが良いとされています。

現に、イタリア人など地中海沿岸地域の人は大腸の病気が少なく、その理由の一つにパッセジャータが挙げられるそうです。

 

◆楽しくお喋りして歩く

私たち人間の体には自分の意志に関係なく働く自律神経があり、体が活発に働いている時に優位になる交感神経と、睡眠時や休息時に優位になる副交感神経があります。

 

腸の働きに深く関わるのは副交感神経の方で、力んで激しく動くことは、交感神経優位となって腸の動きを鈍化させます。軽いウォーキングなら、ある程度の筋力維持とリラックス感が得られるので、副交感神経優位になりやすいというわけです。

 

好きなものに満たされながら、楽しく歩くこと。力まないでブラブラ。便を出そうと力んで歩くと、交感神経が優位となってストレスが生じて逆効果だそうです。

 

◆まとめ

イタリアは「早い、安い」というファーストフードのような価値観には満足せず、スローフード、スローライフ主義。

 

そこにあるのは、家族や地元を中心に、今を生きる喜びをゆっくりと大切に過ごすビバ・ラ・ビダ(=美しい人生)

 

そんな美学の中で育まれてきたパッセジャータ。素敵なウォーキング文化だと思いませんか?

今を美しく大切に生きる人生、謳歌したいですねヾ(*´∀`*)ノ

 

最後に、快便パッセジャータのポイントです。

 

● のんびり適当に♪気持ち良く楽しく歩く♪

● 週1~2回30分程度、気の向いた時で充分

● 適切な水分補給を忘れずに(体内の水分が不足すると便秘悪化の恐れあり。)

 

 
 
 
 2017/08/17 
 
 

歩きたいけれど、痛い。

足が...膝が...腰が...痛い。

と、悩んでいる人はとても多いですよね。

今日は関節の痛みについて。

 

酷くなる前に、痛みをやわらげるにはどうすれば良いのか?

その原因と療法についてお話しします!

 

 

◆関節軟骨

私たちが体を自由自在に曲げ伸ばしできるのは、関節軟骨のおかげ

骨と骨が直接当たらないように、クッションのような役割を果たしてくれています。

この軟骨の表面が非常~に滑らかなため、スムーズに動かすことができるのです。

 

 

◆摩擦係数

滑らかさを計る指標に「摩擦係数」というものがあります。摩擦係数は低ければ低いほど「滑らか」と言えるのですが、例えば氷と氷は0.03μ、鉄と氷(アイススケート)は0.02μ、氷点下のスキー板と雪は0.08μという数値です。

 

 

◆人間の驚異的ツルッツル!

では人間の関節軟骨の摩擦係数はどのくらいでしょう?

人間の場合、何と「0.006μ!前後」と言われています。

氷のツルッなんて、足元にも及ばず。桁違い。

これは摩擦係数としては驚異的な値だそうです。

 

そんな驚異的な滑らかさを、私たちは大よそ360か所持っているのです。

尚且つ、そんなツルッツルなジョイントを保持しながら、重く長い体を支えている・・・ってすごいですね。人体って神秘的ですね☆

 

 

◆関節の痛み

ところが、年齢や長年の生活習慣が影響すると、関節軟骨は弾力性を失い、擦り減ったり変形したりして、関節周囲の神経が痛みはじめるのです。

 

 

◆保存療法

治療法には外科療法と保存療法があります。

外科療法とは手術等、人体にメスを入れる療法のこと。

保存療法はその逆です。

 

最近の整形分野の保存療法としては、ヒアルロン酸注射、運動療法リハビリ、インソールの3本柱があります。

 

特にウォーキングなどの運動療法は有効です。

 

正しく歩くだけで、随分と痛みは良くなると言われています。そこに、機能を向上させるインソールを使えば更に良い運動ができます

 

関節を保護する筋肉の機能を改善し、高めることで、痛みが軽減されるのです。

不思議なことに、たとえ関節の変形が進んでいても、痛みは軽減するという臨床知見もあるそうです。

 

関節が痛い→歩かない。となりがちですが、やはり、正しく歩いて、筋肉を効率よくつけることが、1番の療法になるのです。

 

 

◆ウォーキングセラピー

正しいウォーキング、はじめませんか?

Tomoyeがサポートしますヾ(*´∀`*)ノ

 

私が行うウォーキングセラピーでは、歩く姿を動画撮影し、分析します。

スロー&ストップモーションで自分の歩く姿を見れば、歩行中に関節を痛める原因や歩行癖、習慣がよく理解できます。

 

日々の数千歩が、何千回と特定箇所に負担をかけているという衝撃の事実。

まずは知ることから♪

酷くなる前に、できれば痛みのない健康な時から予防することが、健康を保つコツです!

 

まずは初回フットカウンセリング

 
 
 
 2017/07/20 
 
 

もしもあなたが、

1日8千歩程度歩くとしたら・・・

1年で292万歩歩くことになります。

 

もしも、1日千歩程度としたら・・・

1年で36万歩しか歩かないことに。

8千歩の人との年間差は252万歩!!

 

と、数字を出したところでイメージできない?

ですよね。Walk is Money・・・

お金に換算してみましょう。

 

一歩が一円とすれば?

年収292万円と36万円の差って

大きいですよね!!

 

歩行の量って

目には見えないですから、

侮りがちですが、

かなり!カラダに影響を与えています。

 

「歩く」は

あなたのカラダをつくる

大切な行為です。

 

日々、何気なく歩く時間が

とても大事。

 

さぁ、靴を見直して

歩き方を美しくして

カラダを作りましょう♪

 

そして「歩く」を

楽しみましょう♪

 

Quality of life!

「歩く」で人生の質がアップします!

 

Tomoyeは

あなたの「足」と「靴」と「歩き方」から

足のお悩みを改善し、

歩きやすい足づくり

お手伝いをします。

 

まずは初回フットカウンセリング

 
 
 
 2017/06/01 
 
 

ささやかでも・・・ 生のお花は心にポッと潤いをくれますよね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

できるだけ生花を飾っているTomoyeサロンです♪

 

さて今日は、「歩いて♪血液サラサラ習慣」のお話しです!

 

 

◆血液の2つの仕事

 

血液には2つの仕事があります。

1つ目は、あなたの体の隅々に酸素や栄養素を運ぶ運送業務

もう1つは、体内の老廃物を回収するごみ収集業務です。

前者を動脈、後者を静脈が担っています。

 

運送部門・動脈では、体の上の方にある第一の心臓という自動式高性能ポンプを使って、重力を活かして仕事をしています。

 

翻って収集部門・静脈は、第二の心臓と呼ばれる「足の筋肉」ポンプで、重力に抵抗しながら下から上へと運ばなければなりませんから、結構大変です。

 

更にこちらは手動ですから、主(ぬし)が歩かない限りは、ほぼ動かない、ストライキ状態。

 

 

◆あなたの足は大丈夫ですか?

 

回収しきれなかった老廃物は、体の一番下にある足裏から膝上10センチ辺りまでにどんどんと溜まっていきます。そのシグナルが「むくみ」です。

 

むくみだけならまだしも、ストライキが慢性化すると、下半身太り、循環器、呼吸器、筋骨格系・・・あらゆる身体機能が低下し、深刻な病に繋がるわけです。

 

だ・か・ら!

歩かなければならないのです!

 

あなたの足は大丈夫ですか?

むくんでいませんか?

歩いていますか?

第二の心臓を動かす歩き方・・・できていますか?

 

 

◆即効性大!Tomoyeフットケア

 

ドキッ!! そんなあなたは取り急ぎ、フットケアで対処を!

ひとたび滞留した老廃物を取り除くには、リフレクソロジーやレッグトリートメントが効果大です。

Tomoyeの「リフレクソロジー」「レッグトリートメント」は即効性大。

ぜひご予約を!

http://www.tomoye-salon.com/reserve/

 

 

◆老廃物を溜まらないようにするには?

 

しかし、これらのフットケアはあくまでも対処療法ですから、限界があります。

「溜まった老廃物を排除する」に過ぎません。

老廃物が「溜まらない」ようにしなければ、また老廃物が溜まって元に戻ってしまいます。

溜まる→取る→また溜まる、のくり返しになるのです。

 

そうさせないためには「老廃物が溜まる原因」までを、きちんとケアする必要があります。

それが、正しい歩きで老廃物を処理する『ウォーキングセラピー』なのです.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:'゜

 

 

 
 
 
 2017/05/04 

歩かなあかん!
って思っているんやけど・・・
なかなか歩く時間がなくて・・・
続かなくて・・・

そんなあなた~!!
大丈夫v(^-^)v

私もご予約が立て続けに入っているとき
デスクワークが山積みのとき
歩けません~~~(>_<)

そういう時はどうするか?

仕事の前後や合間、
通勤時間を少し多めにとって
15分はゼッタイに確保する!

その15分はスポーツジムに行ったつもりで、
キチンと歩きます('-^*)/

15分歩けば1,500歩ほど。
足に体重分の負荷を掛けて
1,500ストレッチすると考えてみて下さい!

凄くないですか?
1,500ストレッチって!!

しっかりと足指や太ももを使って。
しかるべき筋肉が使われていることを
実感しながら歩きます。
これポイントです(o^-')b

間違った歩き方では
逆効果ですから。

有酸素運動にするには
酸素を取り入れるに相応しい姿勢と
呼吸法も大事~(^O^)/

正しい姿勢を保って
呼吸は吐くのを長めに
ゆ~ったり、た~っぷり!

手ぶらは最高!
できることなら荷物は一切持たずに
大手を振って(肘を後ろに引くように)~!
私の場合、風情ある京都の路地裏を
闊歩カッポp(^-^)q

o0300039913439609695.jpg

とにかく最初は効果を急がず・・・
わずかな時間でもいいので
質の良い歩き方をキチンと意識して
続けることを目標にしましょ♪

たかが15分、されど15分。
血流アップ!!気分もスッキリ!!
明らかに15分前の自分とは違います☆

15分間のフリーウォーキングジム!
ウォーキングを続けるコツはまさしくコレ。
最高です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

キチンと歩く術を身に付けるには・・・

まずは、初回フットカウンセリング へ(^-^)/

 
 
 
 2016/02/06 
 
 

旧暦では立春が一年のはじまりです。

ぜひとも、立春中に何か新たなスタートを♪

そして実りの秋に、素敵な収穫を得ましょう!


20160206 blog.JPG


さて、昨日はコース終盤のお客様が多い日でした。

2016年は皆さん、おめでたいご予定を控えていらっしゃって☆

私も、とっても嬉しい気持ちになりました♪


お陰様で昨夜は幸せな夢を見ることができましたョ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

喜び事には心配事もありますが、健康第一で乗り越えて参りましょうね!

そのためにも身に付けた歩き方で、健康ライフを充実させて下さいね。


「Tomoyeさんに教わった歩き方を心掛けています。」

・・・とおっしゃるのは、相楽郡60代K様。



とーっても美しい!



お見せできないのが残念ですが・・・

随分とウォーキングフォームが変わられました。

以前は足指や脚、お尻が全く使われない、猫背気味にコワゴワと歩かれていたK様。まるで別人のよう!思わず見とれちゃいましたヘ(゚∀゚*)ノ


「主人と近くの公園を散歩しているんですよ。歩くのが楽しくて♪歩いている人の姿を見るのも楽しくてね。やっぱりいらっしゃいますね、美しく歩いている人。そしてね、わかったんですが、美しく歩いている人はオシャレですね。」


なるほど!美しく歩いている人は、モチベーション高くてお洒落と言えるのかもしれませんが、同じ服装でも歩き方一つで全く違って見えるのも事実。カジュアルな服装でも美しく歩くと、引き立って見えるから不思議!


一方、どれだけコーディネイトが上手でも、姿勢や歩き方がぎこちないと・・・垢抜けない。

先日私の前を歩く20代と思しき女性。

パーティが始まるのでしょうか?!

綺麗にアレンジアップした髪型。

膝丈スカートからスレンダーな脚を出して、足先にはピンヒール。

全身淡めの配色が素敵☆


・・・なんですが、スマホ片手に靴をカンカン音立てながら、膝を曲げて前かがみに、外倒れした足で歩く姿。せっかくのお洒落が台無しですよ~(ノ_・。)


あなたは大丈夫?!

2016年は歩く質を高めませんか?!

美しくお洒落に見える歩き方がここに!

健康美のウォーキングライフ♪幕開けです♪


まずは、Tomoyeの初回フットカウンセリング へ('-^*)/



*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*

京都烏丸 自然療法フットケアサロン Tomoye(トモエ)
営業時間10:00~21:30/不定休
メニュー はこちら
ご予約 はこちら
※お問い合わせ・ご相談等何でもお気軽にご連絡くださいませ(^-^)

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*

 
 
 
 2015/11/17 

冷え性の根本対策は・・・

1.筋肉ポンプを動かすこと
2.血液そのものをサラサラにすること
3.ストレスをためないこと


2 血液をサラサラにしましょう!

t02200141_0400025613486063149.png
私たちの体は約60~100兆もの細胞で構成されているそうです。そ~んな膨大な細胞一つ一つに、血液は髪の毛の14分の1ほどしかない毛細血管を使って、色々なものを運んでくれています。酸素、栄養分、ホルモン、そして熱。血液が隅々まで熱を運んでくれるから、体が温まるわけですね。

血管を1本に繋ぐと地球2周半分もあって、その距離を1周するスピードが何と約1分!

地球2周半を1分で走って100兆軒ものお宅へ色々なものを配達している宅急便屋さんって、凄くないですか?想像絶しますね(^_^;)
365日毎時毎分!大プロジェクトです!
生き物ってスゴイですね\(゜ー゜)/

しかし血液がドロドロになっていたら、細い毛細血管を通ることができず、各細胞に熱が届けられなくなって冷えるわけです。

t02200140_0400025513486063150.png
2-1 血液さらさらウォーキング!

血液をサラサラにするにも、やはりウォーキングが有効なんですよ('-^*)/
ランニングも良いのですが、ウォーキングの方が深い呼吸ができて、デトックス効果が高く、血液をサラサラにしてくれるのです。
血液がキレイになると血の巡りは良くなり、冷え性改善の効果がより高まりますo(^▽^)o
ウォーキングって最高ですね!

WF澤の鶴」 でフォームをマスターしたら、早速、外を歩いてみましょう。
歩く時間は10分でも15分でもOK♪
できれば手ぶらで。通勤時間や買い物時間ならば荷物はリュックで。

正しい姿勢を組んだら・・・出発進行!
まずは深い呼吸と共に「WF澤の鶴」の筋肉の効かせどころを丁寧に意識して歩きましょう。

散歩のスピードから徐々にスピードアップしていきましょうp(^-^)q
疲れてきたらゆっくりペースに戻ってOK。
まさにインターバルウォーキングです。
崩れてきたり、わからなくなったら正しい姿勢を組み直して、再び鶴のフォームを意識してくださいね。

歩き方を根本改善したい・・・という方は、ぜひTomoyeにお声掛けください。
マンツーマンでご指導しています。

まずは、初回フットカウンセリング

 
 
 
 2015/11/14 

冷え性の根本対策!
血の巡りを良くするために

1.筋肉ポンプを動かすこと
2.血液そのものをサラサラにすること
3.ストレスをためないこと

1-2 ウォーキングフォームを身に付けましょう

筋肉は、血管を押したり緩めたりするポンプのような存在。
この筋肉ポンプが心臓とコラボして、全身に血を巡らせています。
ポンプ機能が弱くなれば、当然、血の巡りは悪くなって冷えます。

さぁ下半身の筋肉ポンプを動かしましょう!
最たる動きは・・・そう「ウォーキング」です!!

ウォーキングは、量よりも質を良くすることが重要です('-^*)/
間違った歩き方では、歩けば歩くほど冷え性を助長し兼ねません。
歩けば歩くほど温かくなる歩き方を身に付けましょう!

【WF澤の鶴】

ところで歩行は普段、無意識で行っていることですよね。
そんな無意識の行いを変化させるには、一旦その行為を意識層に上げて、改革していく必要があります(・∀・)

どの時点でどういう筋肉を使うのか?・・・を、スローモーション、ストップモーション、リピートの『3モーション』で丁寧に意識し、改善していくのがコツです。急がば回れの精神で(°∀°)b
歩行中だけの意識で改善するのは難しく、結局、雑になって定着しにくいものです。

そこで室内の形稽古。
題して「WF(ウォーキングフォーム)澤の鶴」。

沢の鶴~(^~^)!ってお酒を呑みながら歩くの?
・・・と思ったあなた!かなりのお酒好きですね~
お酒を呑むのも芯から温まりますが・・・でも、それはまた今度(*^ー^)ノ

ここでいうのは千鳥足ではなく(笑)
私澤野がおススメする鶴を意識して、鶴になったつもりヽ(゜▽゜)ノ
・・・の、正しいウォーキングフォーム・マスター法。
早速やってみましょう♪
o0400026713481665620.jpg


正しい姿勢 を組んだら・・・

片足の膝を軽く曲げ、足裏を地面から少し離し
片足立ちをしてみましょう。
そう、鶴のように・・・
o0400026613481665619.jpg

地面に接地している方の足の指は鶴のようにパーっと広げて♪
体重はしっかりと足指に掛けて地面を掴みます。
地面に接地している方の膝は、鶴のようにシャキーンと伸ばします。
太モモも引き締めて、お尻の穴はキュッと閉じてp(^-^)q

つまり正しい立ち姿勢を片足でするわけです。

10秒位キープしてみましょう。
鶴になったつもりで首をめいっぱい伸ばし
天を仰ぎながら「キョロ~」と大声を出してもいいでしょうヘ(゚∀゚*)ノ
キープできたら足を差し替えます。
差し替えるときは一歩前へ踏み出すように・・・
踏み出す足は踵から優しく下ろします。

もう片方の足は膝をしっかり伸ばし、徐々に踵を上げていきます。
指は最後まで地面に残しておきます。
踏み出した足の指に体重が移動したら・・・

後足は最後に指で地面を蹴って、膝を軽く曲げ
足裏を地面から少し離します。

こうして左右交互に片足立ちを繰り返します。
鶴になったつもりで優雅に・・・(o^-')b

なぜこの鶴のフォームが効くのか?

歩行時間の8割は片足立ちの状態です。
筋力が落ちたり、足裏アーチが崩れていると、全身を支える力が不安定になり、すぐに次の足を出してしまいます。そうすると、なかなか下半身の筋力はアップしません。

よく「指を使って歩きましょう!」と言いますが、指に体重が乗っていなければ、指を使っては歩けません。
サワノ鶴は、片足立ちの状態で、指にしっかりと体重を乗せながら移動する訓練です('-^*)/

使われている筋肉を丁寧に意識しながら、フォームを体に記憶させていきましょう。
足指を使えるようになると、歩けば歩くほど足先がポカポカするようになりますよ!
まずは秋の夜長の闇錬から('-^*)/

ちなみに鶴は片足立ちで眠るそうです\(゜0゜)/
o0400026813481665621.jpg

片足を羽毛に仕舞い込むことで、無駄な体温の発散を防いでるそうなのです。
冷え性対策は人間だけの話ではないのですね!

氷上や水面といった、凍える世界に生息する身の上。
人間よりも悪環境に暮らすがゆえに、スゴ技を身に付けた鶴さん達。
尊敬します:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

さぁ、今日も鶴を見習って~
一歩一歩、前に進んで参りましょう~ヽ(゜▽゜)ノ


歩き方を根本から改善したい!そんなあなたは
ぜひ、初回フットカウンセリング

 
 
 
 2015/11/12 

冷え性の根本対策は・・・
血の巡りを良くすること。
そのためには?!

1.筋肉ポンプを動かすこと
2.血そのものをサラサラにすること
3.ストレスをためないこと



1.筋肉ポンプを動かすことp(^-^)q

第一の心臓は自動式ポンプ。
第二の心臓(ふくらはぎ)は手動式の筋肉ポンプ。
第二の方は勝手に動いてくれませんから、意図的に動かさなければなりません。

第一の心臓が止まったら一大事~∑(゚Д゚)!!と騒ぐことでしょう。
ですが第二の心臓は止めていても気にならない・・・
だから怖い・・・じわじわと忍び寄る全身の弱体化。

体温は筋肉で作られます。
そして、筋肉の約70%が下半身にあります。
下半身を使わない=熱を生み出す力が弱くなり、冷え性体質になるわけです。
外から温めることよりも、筋肉を使って血を循環させることが根本改善なのです。

筋力が落ちて血の巡りが悪くなると、冷え性どころか、
高血圧、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、各臓器の機能低下・・・
更年期障害、腰痛、膝痛、転倒・・・様々な疾病を引き起こす原因に。

つまり下半身は命の源というわけです('-^*)/

さぁ下半身の筋肉ポンプを動かしましょう!
最たる動きは・・・そう「歩くこと」です!!


できる限り姿勢よく歩いて頂きたいので、手ぶらで。
通勤時間や買い物時間の荷物はリュックで。

今秋は機能的な2way、3wayリュックが出回っていますよね♪
ビジネスにも使えそうなものからキレイめコーディネイトに合うものまで。
リュックもTPOで使い分けができる時代になってきたからウレシイですねo(^-^)o


次回は正しいウォーキングフォーム・マスター法!
題して「WF澤の鶴」をお伝えしますヽ(゜▽゜)ノ

 
 
 
 
 
 2015/10/27 

おはようございます!
カラダの計は朝にあり(°∀°)b

朝一番に考えることが
人生を決めるといわれるほど
朝は重要です。
カラダも同じ。
でも朝は余裕な~い(@_@)
という人も多いですよね!

ならばこれだけ意識して下さい。
これだけ!
それは・・・

正しく立つということ。

正しく立つと、
下半身、背筋、腹筋、肩甲骨など
全身の筋肉をしっかり使うので、
カラダの機能が働きやすくなるのです。

それだけで老化防止、ダイエット・・・
自己治癒力がアップします。

反り腰や猫背になっていませんか?
お尻は垂れていませんか?
膝はだらしなく曲がっていませんか?
お腹はぽっこり出ていませんか?

まずは・・・
1.爪先を揃えて立ち、足指に体重を掛けます
2.膝をしーっかりと伸ばします
3.お尻の穴を閉じます
4.下腹を引っ込めます(息を吐く時も吸う時も)
5.肩甲骨を引き寄せます(肩は落として)

この5か所だけでも意識してみて下さい。
とにかく意識するってことがものすごく大事。

意識ひとつで足や膝への負担が減り、
第一印象が良くなり理想の体型に近づきます。

1~2分でOK!
キッチンの前で・・・
通勤電車の中で・・・
コピー機の前で・・・

さぁ♪朝は立ち姿勢でカラダを整えて!
一目置かれる姿勢美人を目指しましょう♪