Now Loading...

ブログ

 2018/03/22 
 
 

冷え性、むくみ、セルライト・・・歩き方がおかしい、腰痛、脚が太い・・・脚のことを相談させて頂いて、少しでも良くなれば・・・

 

との思いから2017年8月に初来店された、京都府のHさん。

 

健康は想像以上に、毎日の足のコンディション、履く靴、姿勢、歩行と深く関係しています。足腰に関するトラブルを根本から改善するには、足と靴と歩行の習慣を見直す必要があります。

 

・・・

 

あれから7ヶ月。

 

Hさんの歩き方は変わりました!

 

 

歩き方には様々なチェックポイントがありますが、足の出し方はとても大切です。

 

当初Hさんは、特に左足のつま先を進行方向に対して内に向けて出す癖、俗にいう内股が散見されました。

 

 

内股だと何が悪いのでしょう?

 

 

内股は股関節が内旋した状態です。つまり脱輪しかけた状態で車を走らせているようなものです。

 

腰回りが不安定なまま歩行を続ければ、疲れて当然です。トラブルが起きて当然です。

 

つま先から股関節まで・・・すべては連動していますから、そのまま歩き続ければ、足裏、足首、ふくらはぎ、膝、腰回り・・・そして下半身のグラつきは上半身にまでも、多大な負担をかけることになります。

 

内股は、つま先の向きだけの問題ではないのです。また、下半身太りの大きな原因にもなるのです。

 

本来ヒップトップにあるはずの筋肉や脂肪が、股関節の内旋によって側面に移動して、お尻が横に張った状態になります。

 

若い人の中には、アニメのキャラクターのように意識的に内股をしている人もいらっしゃいますが、ダメよ~!それはデメリットが多いのよ~!将来トラブルがΣ(・ω・ノ)ノ!

 

さらに内股は、実際に脚の骨が曲がっていないのに、レッグラインが曲がったように見えてしまうようになります。

 

案外、本人の自覚なく、気が付いたらつま先が内に向いていたり、つま先だけ見れば真っすぐのようでも股関節が内旋している隠れ内股さん、結構いらっしゃいます

 

 

Hさんは、しっかり改善12回コースで、股関節回りを柔らかくし、外旋筋を鍛えて強化。

今では股関節から骨盤を締めて、つま先を進行方向に出して歩くことができるようになりました。

 

そうすると、思わぬうれしい結果が!

 

 

前のように、むくまなくなりました!

ヒップライン、レッグラインが変わりました!

腰痛が顔を出さなくなりました。

 

よかったです!

 

あなたも足・靴・歩行の根本改善しませんか?

 

ウィークポイントを抱えたまま歩いても、健康とは言い切れません。痩せません。逆にトラブルのもと!!

 

ウィークポイントをひとつひとつ丁寧に改善して、ストロングポイントに変えて歩けば・・・むくみ、冷え性解消!外反母趾改善のみならず、自力整体!フィットネス!脂肪燃焼!血流改善!病気予防!美肌効果・・・

 

根本から改善されれば、イイコトばかりですからヾ(*´∀`*)ノ

 

まずは

初回フットカウンセリングへ

短期集中で身につける! 2dayセミナはこちら